司法書士という言葉を目にしたり、あるいは耳にしたりしたことのある人は多いでしょう。でも、実際にどんな仕事をしているかについては、意外と知らない人もいるのではないでしょうか。
主なものとしては、まず不動産登記の仕事です。登記に関する書類作成や申請代理の仕事が中心になります。それから、会社を設立した時の登記、いわゆる商業登記も請け負います。特に最近では、会社法の改正により、商業登記の手続きも変わったため、ますます商業登記に果たす役割が増えています。

 
また企業法務も請け負っています。大手企業などでは法務担当の部署が設けられていますが、中小の企業ではそれがないことも多いため、法務担当部署の代わりとしてアドバイスを行うことがあります。それ以外には、成年後見にも関わっています。ご存知のように、成年後見とは、高齢のため、あるいは病気や知的障害などのために、社会生活において正しい判断ができない人に代わって判断を下すためのもので、後見をサポートするための社団法人も設立されています。

gf1950145872l
あとは裁判関連です。2003年(平成15年)に関連法が改正され、法務省から新たに認定を受けた場合は、訴訟代理業務ができるようになりました。

 

これにより、身近なトラブルで、請求額が140万円以下の場合は訴訟代理業務ができるようになっています。

 

また、債務整理も行っています。この場合も、債務整理の方法を問わず、債務額が140万円以下の場合には代理業務をしてくれます。もし債務額が140万円を超える場合でも、書類作成は請け負ってもらえますし、裁判所に申立を行う場合には同行してくれます。