» 未分類のブログ記事

身近な法律相談に

| 未分類 |

たとえば、借金問題とか離婚調停に伴う財産分与など日常ではなかなか当事者として関わることが少ない法律問題ですが、いざ必要が出てきた場合、困ってしまうことが多いでしょう。特に弁護士などの専門家に相談したいなと思っても、まずどの先生に依頼すべきなのか困ってしまうこと、また費用面の問題もあります。一般庶民からすれば初回30分5千円とか思った以上に高額に設定されている方もおられ、その費用の高さの前に依頼を断念するケースも少なくありません。

 
こうした際に使えるのが地域の弁護士会が定期的に行っている法律相談の無料相談です。だいたい平日の昼間と時間が決められていますので申し込む側の時間調整が難しい場合もありますが、事前に問題点や何をしてもらいたいのかなど要点を整理してメモを作成しておけば、比較的スムーズに話が前に進むと思います。

 
もしその場で、弁護士が信頼できそう、何とかしてもらえそうと思ったら正式に依頼したい旨伝えれば、条件等詳細を言ってくれると思いますので、積極的に利用したいものです。
また費用面で心配な場合は、法テラスを利用することも可能ですが、法テラスは予約がいっぱいで1ヶ月待ちなど普通にありえますので、ケースバイケースで依頼を考えるとよいでしょう。

gf1950145872l

複数件の債務を負っている人のことを多重債務者といいます。

よくあるのが、いくつもの消費者金融から金を借りているという人や、クレジットカードでいくつもの業者から買い物をしている人、といったようなものです。

 

 

こうした複数の債務を抱えてはいても、ちゃんとした返済計画もあって返済能力もあり、ひとつひとつきちんと弁済して行けるのならば問題はないのですが、概してこういう人には返済計画もなければ返済能力もなく、安易な気持ちで借金をしたり買い物をしたりしてしまった結果、多重債務者になってしまったといった場合がほとんどなのです。

 

 

一旦こうした多重債務者になってしまうと、いくつもの債権者から債務の返済を求められることになるために、また新たに借金をしては一部の債務を返済して、ということを繰り返すようになってしまって、ますます債務が雪達磨式に増えて行ってしまって、にっちもさっちも行かなくなる、という絶望的な泥沼状態に陥ってしまう場合がほとんどです。

 

 

弁護士などがこうした多重債務者の救済を行う場合には、その複数の債務を整理してできるだけ効率的な返済ができるように指導し、最悪の場合には救済のために自己破産の手続きを取らせる、といったような場合もあるわけです。

gf1950145872l

 

日に訴訟の代理を行います

| 未分類 |

裁判所における訴訟手続きというのは、手続きが煩雑ですし、専門的な知識がなければ状況的に有利であっても、判決では振りになることも少なくありません。

 

そのため、通常は専門家に手続きを依頼して、書類の作成や出廷などの訴訟関係の作業を代理してもらうことがほとんどです。こういった手続きがどの裁判においても可能なのは弁護士ですが、一部の司法書士も簡易裁判所における手続きに関しては出廷ができますし、書類の作成はどういった案件であっても可能です。

 

弁護士や司法書士の中にも、案件によって得手不得手がありますので、まずは相談という形で話を聞いてもらい、解決方法についてのアドバイスを受ける過程で、自分の希望と合致していたり、性格的に相性がよさそうだと判断したときに正式に依頼するという形になっています。

 

もちろん、相談を始めて受けた時点で手続きを依頼することもできますし、一人の専門家からのアドバイスで納得できないときには、他の弁護士や司法書士に相談をして、そちらで手続きを依頼することも可能です。相談には料金がかかりますし、手続き代行を依頼するときにも費用が発生しますが、初回の相談を無料で行っているところもあります。

gf1950145872l

“民事訴訟においては、訴訟の提起は訴状という書面の提出をもって行われます(民事訴訟法第133条第1項)。法文上は簡易裁判所における訴訟の提起は、口頭でもできることとされていますが(同法271条)、実務上は書面の提出を行うのが通常です。

 
この書面には、(1)当事者及び法定代理人(2)請求の趣旨(3)請求の原因を記載します。当事者とは、原告、被告やその法定代理人を住所、氏名等によって特定して表示します。請求の原因とは、判決でこのような主文を出して欲しいという裁判の結論として原告が希望すること(「被告は原告に対し金○○○○円を支払え」等)を表記します。請求の原因というのは、請求の趣旨が導き出されるために必要な要件となる事実(一般に要件事実と呼ばれるもので、そのような事実があれば原告の求める請求の趣旨に記載されるような法律効果が生ずるという事実を言います)を記載します。実際には、最低限の要件事実に加え、事情や参考となるような事実を併せて記載することが多いです。

 
被告は、原告からの訴えの提起に対応して答弁書を提出します。答弁書には、請求の趣旨に対する答弁(判決でこのような主文を出して欲しいという被告側の要望、例えば「原告の請求を棄却する」等)と、請求の原因で書かれている事実に対する認否(そういう事実を認める、否認する、知らないといった被告側の認識を述べること)を行います。また通常は、これに併せて、被告側の主張を記載するのが一般的です。

 

 

注:タイトルをやむなく指定通りに記載しましたが、「採便書」ではなく「裁判所」の間違いだと思います。こういうふざけたミスがないようもう少し気をつけて貰いたいです。

 

gf1950145872l

裁判事務や裁判の仕事と言えば、弁護士という職業を思い付く人がほとんどのはずです。しかし、弁護士以外の国家資格を有する人も裁判に関する事務や仕事にかかわっています。

 

即ち、弁護士だけが法律家ではありません。弁護士以外の法律家で、法務大臣の認定を受けた者は、簡易裁判所における140万円以下の訴額や経済的利益に関する裁判の訴訟代理権が認められており、この法律家は簡易裁判所における前述した内容の裁判であれば依頼者の代わりに法廷で弁護士と同じ仕事をすることが可能です。

 

従って、弁護士以外の法律家でも、裁判実務に精通している人達はたくさんおり、裁判の専門家と言っても言い過ぎではありません。また、例えば、この法律家は家庭裁判所に対して、相続放棄の申述申立書・遺産分割の調停申立書・離婚調停申立書など様々な申立書を作成することができ、その他の裁判で必要とされる書面も作成できます。更には、この法律家は地方裁判所等に対して、訴状の作成だけでなく、答弁書・準備書面・陳述書も作成することができます。おまけに、この法律家に依頼する費用は、弁護士に依頼するより間違いなく安いです。前述したように、弁護士以外の法律家も裁判で非常に心強い存在です。

 

任意後見制度は、本人が契約を結ぶことに関して必要な判断能力がある場合に、将来的に自分の判断能力の低下や不十分になた場合に、後見事務の内容を後見する方を自らの判断で契約し事前に決めておく制度です。

 

後見制度として法定後見制度もありますがこちらは、判断能力が低下している時点での保護制度であるのに対し、任意後見は判断能力を有している時点で、先を見通して契約することができます。任意後見契約では、任意後見人を誰にするかや、どこまでの範囲に後見事務を委託するかは談論で自由に決めることができます。しかし、結婚や離婚、養子縁組などについては、契約に盛り込むことはできないとされています。また、契約する時点で判断能力に何かしらの問題がある方は締結することはできません。

 

契約の流れとしては、自分の将来的な判断能力の低下に不安を感じた場合に、信頼できる人と契約を締結します。公証人役場で公正証書を作成し、東京法務局にその旨が登記されます。認知症などの判断能力の低下がみられるようになった場合に、家庭裁判所に申し立てを行い、家庭裁判所が選定した任意後見監督人が任意後見人の仕事を確認します。その後、任意後見人が任意後見契約で定められた業務を行います。

 

法定後見制度は軽度の精神上の障害のある方にも対応しています。成年後見制度は支援される人の判断能力の程度によって複数の制度が定められています。そのなかで軽度の精神上の障害を持つ人に対応しているのが補助制度です。

 
補助制度は家庭裁判所が定めた一定の法律行為についてのみ、家庭裁判所により選任された補助人に対して同意権、取り消し権、代理権が付与されます。これは一定の判断能力があるとみなされる本人の、自己決定権を尊重する観点から設けられた制度であるからです。したがって日用品の購入など日々の生活をおこなう上で必要な行為については、補助人の同意権や取り消し権の対象となりません。また補助開始の審判を申し立てる際も本人が申し立てるか、申し立てることにつき本人が同意している必要があります。

 
補助人は家庭裁判所より選任されますが、本人の親族以外の第三者でも選任することは可能です。一般的には法律や福祉の専門家、福祉関係の公益法人が選任されることが多くあります。最近は悪徳商法や詐欺行為など判断能力の低い人を狙った悪質な犯罪も多く、障害を持つ人の権利や財産を守るためにも専門的な知識を持った人を補助人として選任する必要があるのです。

私たちの社会は契約で成り立っています。
スーパーで物を買ったり、電車に乗るのも契約です。
この契約の社会で生きる為には、正常に判断する能力が必要になります。
認知症や精神障害・或いは高齢の為に正常な判断力を失った人には残念ながら、不動産や貯金等の財産を管理することが難しい場合があります。
これを本人に任せてしまうと、悪徳商法や悪意を持った周囲にものに騙され、不利益を被ります。

 
これらの判断能力を失った人たちを保護する為に出来た制度が成年後見制度で、2つの種類があります。
一つはまだ正常な判断力を失っていないが恐れがある場合、信頼する人に依頼する任意後見制度です。
公証役場で書類を作成し、届け出を行う必要があります。
その人が判断力を失いますと、家庭裁判所に申し立て、任意後見監督人が選任され、任意後見人の仕事が開始されることになります。
もう一つはすでに判断能力を失っている人に対する後見人で法定後見人と呼ばれます。
手続きの流れは家庭裁判所に申し立て、家庭裁判所が調査・医師による精神鑑定・審判を得て法定後見が開始されます。

 
申し立てが出来る人は、本人・配偶者・4親等内の親族・検察官等です。
だれも申し立てをする人がいない場合は、市町村長がすることが出来ます。

 

登記というのは、権利と言うものを明らかにするために行うものです。
権利と言うのは、誰の所有の持ち物で有るのか、誰が作り上げたルールで有るのかと言った事を明確にし、第三者が勝手に所有物を売買したり、土地の一部を利用する事を未然に防ぐ目的があります。

 

 

土地などの不動産の場合の権利と言うものは、土地や建物の持ち主が誰であるのかを明確にするもので、これを不動産登記と言います。
不動産売買契約を行い、所有者が変る場合は、抵当権末梢手続きを行い、新しい持ち主の権利を明らかにするため、不動産登記を行うのです。
これにより、前の持ち主や第三者が、その土地や建物を第三者に転売する事を防げるようになるわけです。

 

 

一方、法人登記と言うのは、会社設立を行った際に行うもので、法人登記を行う事で初めて社会から株式会社などとして認められるようになるのです。
株式会社を作る場合は、誰もが行うことであり、法務局に届け出を行う事で株式会社としての大一歩を踏み出す事が出来るのです。

 

 

法務局では、会社の情報などを管理しており、誰もがその情報を閲覧する事が可能になっています。
これから会社を作ろうとしている人などが、類似商号や事業目的の確認のために調査を行う事もあります。