日に訴訟の代理を行います

| 未分類 |

裁判所における訴訟手続きというのは、手続きが煩雑ですし、専門的な知識がなければ状況的に有利であっても、判決では振りになることも少なくありません。

 

そのため、通常は専門家に手続きを依頼して、書類の作成や出廷などの訴訟関係の作業を代理してもらうことがほとんどです。こういった手続きがどの裁判においても可能なのは弁護士ですが、一部の司法書士も簡易裁判所における手続きに関しては出廷ができますし、書類の作成はどういった案件であっても可能です。

 

弁護士や司法書士の中にも、案件によって得手不得手がありますので、まずは相談という形で話を聞いてもらい、解決方法についてのアドバイスを受ける過程で、自分の希望と合致していたり、性格的に相性がよさそうだと判断したときに正式に依頼するという形になっています。

 

もちろん、相談を始めて受けた時点で手続きを依頼することもできますし、一人の専門家からのアドバイスで納得できないときには、他の弁護士や司法書士に相談をして、そちらで手続きを依頼することも可能です。相談には料金がかかりますし、手続き代行を依頼するときにも費用が発生しますが、初回の相談を無料で行っているところもあります。

gf1950145872l