複数件の債務を負っている人のことを多重債務者といいます。

よくあるのが、いくつもの消費者金融から金を借りているという人や、クレジットカードでいくつもの業者から買い物をしている人、といったようなものです。

 

 

こうした複数の債務を抱えてはいても、ちゃんとした返済計画もあって返済能力もあり、ひとつひとつきちんと弁済して行けるのならば問題はないのですが、概してこういう人には返済計画もなければ返済能力もなく、安易な気持ちで借金をしたり買い物をしたりしてしまった結果、多重債務者になってしまったといった場合がほとんどなのです。

 

 

一旦こうした多重債務者になってしまうと、いくつもの債権者から債務の返済を求められることになるために、また新たに借金をしては一部の債務を返済して、ということを繰り返すようになってしまって、ますます債務が雪達磨式に増えて行ってしまって、にっちもさっちも行かなくなる、という絶望的な泥沼状態に陥ってしまう場合がほとんどです。

 

 

弁護士などがこうした多重債務者の救済を行う場合には、その複数の債務を整理してできるだけ効率的な返済ができるように指導し、最悪の場合には救済のために自己破産の手続きを取らせる、といったような場合もあるわけです。

gf1950145872l